家出掲示板

神様を探す為に家出掲示板を利用するはナンセンス

神待ち家出掲示板で知り合ったインド人

外国人神待ち家出掲示板で知り合ったおちゃめなインド人のお話。
わたしは学習塾に勤めていますが、最近は国際化社会になっているためか、家出した外国人の子供が入会してくることがあります。
何人か印象に残る子がいますがその中でもインドから来た女の子は、小学生ですが日本語がぺらぺらでした。というかものすごくよくしゃべり、声のボリュームもとても大きいです。
そういうお国柄なのか、それともこの子がそうなだけなのか、良く言えばマイペース、悪く言えば周りが見えないのです。
ただ、屈託の無い子なので、来て早々に出会ったまわりの子供たちになじんでいました。
この子は日本語とヒンドゥー語を話しますが、この子の両親は英語と日本語とヒンドゥー語の3ヶ国語をしゃべります。
インドでは英語の教育が行き届いているのでしょう。わたしは感心しました。
しかし、当初は両親ともに日本語が片言であったため、細かい入会に関する説明は極めて困難でした。わたしもつたない英語交じりの会話で、どうにかこうにか話を伝えようと必死でした。
そんなこともあり、この一家が来てからは、身近の国際社会を実感できるようになりました。こころなしか少し英語も上達しうれしく感じています。
子供たちのほうが大人よりも異文化に対する順応が早いのか今では普通に遊んでいます。
この子は言葉の上での問題はありませんでしたが、それ以外にいくつか問題がありました。宗教の関係で、おでこの点状の化粧をしているのですが、以前は男の子たちにからかわれ少し涙目になっていることがありました。さすがに初めて言われたその日は洗って取っていました(今はそんなことはありません)。また、普段の食事の関係でしょうが、少し香辛料のような匂いがあるため、中にはそのことをぼそぼそ言う子もいました。(さすがに面と向かっては言えないようです)
もちろん決して不潔なのではなく(むしろインドの方はきれい好きだとネットでは書かれていました)こうした部分で少し誤解を招く部分がありました。まあ、よく目立つため、特に出会い始めの男の子の中にはあまり面白く思わない子がいるようでした。
文化の違いとしてほかには、インドは正月等が日本とは違うようで、たまに一ヶ月ほどインドに里帰りすることがあります。
その間は塾も学校も休むため、ゆくゆくは問題も出てくるんだろうなと感じています。

 

特に公共料金等の処理はどうしているのか気になります。しかし、子供も両親もとてもいい人達なのでこのままがんばって日本で生活していってもらいたいなと思います。この出会いでに感謝です

 

家出アメリカ人のデイヴィットさんの意外な反応

 

外国語学学校で英語を勉強していた頃のことです。放課後クラスメートたちと雑談中に、ネイティブスピーカーと話す機会がないという話題になりました。

 

その学校にもネイティブの講師はいたのですが、当時私たちがいた初級クラスの担当は日本人講師で、授業中もよく日本語が飛び交っていました。

 

クラスメートの1人がアメリカ人の留学生と知り合いだというので、その方に協力してもらい、後日みんなで食事をすることになりました。
もちろん食事中の会話は英語です。当日現れたその留学生はデイヴィットさんという男性で、なんとなく気後れしている私たちに自分から握手を求めてくれたり、1人ずつと挨拶をしてくれたりして、笑顔の絶えない大変気さくな人でした。

 

考えてみれば、こちらがお願いして来てもらっておきながら、私たちはみんな緊張して積極的に話しかけることもあまりせず、「出身はアメリカのどこ?」や「いつ日本に?」などありきたりでつまらない質問ばかりしてしまって、とても失礼だったと思います。

 

それでもデイヴィットさんは嫌な顔ひとつせず丁寧に答えてくれて、私たちに分かりやすいよう言葉を選んではっきり発音してくれているのが伝わってきました。
そんな彼のおかげで徐々に場がなごみ、みんな間違いを気にしたりせず自分から発言するようになっていました。そうして1時間半ほどの楽しい食事会は終わりました。
そして帰ろうと店の階段を下りていた時、デイヴィットさんの隣を歩いていたクラスメートの女性が「外国の俳優の○○さんに似ていますね」と話しかけたところ、彼は真顔で「どこが?」と彼女に尋ね、彼女が「目が似ている」と答えると、僕はそう思わないと返したのです。

 

聞き取りやすいようにわざと直接的な言い方をしたのかもしれませんが、そのつっけんどんな言葉に彼女はたじろぎ、二の句が継げませんでした。それに、彼は心なしかムッとしているように見えました。そのあと店の外でも少し話して、結局デイヴィットさんは笑顔で帰っていきましたが、あの一瞬見せた不機嫌な様子は私にとって新鮮であり、勉強になりました。

 

確かに、誰かを他人に例えることはマナー違反だと感じる人も多いと思います。たまたまデイヴィットさんはその俳優さんが大嫌いだったのかもしれません。

 

ただ、彼女はその俳優さんの大ファンであることを彼に伝えたし、はたから見ても彼女なりに頑張って話しかけようとしただけで、まるで悪気がないことは明らかでした。これが日本人なら、たとえ不愉快でも、「そうですか」や「初めて言われました」などの言葉でやり過ごすところではないでしょうか。

 

しかし、違うことは違うとはっきり言う、嫌なことは嫌だと態度で示す、恐らくそれが彼の考え方であり、ひいてはアメリカ人全体の考え方なのかもしれません。
当然、どちらが良い悪いという問題ではありません。

 

些細といえば些細な出来事でしたが、家で掲示板の外国人との出会いやコミュニケーションの難しさと面白さを実感することができました。

 

家出娘の日常

 

家出掲示板で知り合ったおじさんとのセックスが、気持ちいいからいいんだ。

 

だっておじさん、必ずイカせてくれるんだもん。それにしても、気持ちいいんだなあ。今までやってきたエッチはなんだったんだろう。若い男は、SEXがへたくそなんだなあ。努力は認めるけど、いやらしさが不足してる。あれじゃ、イカせることできないって、今の私にはわかるもん。まだ、20歳だけどね。

 

もう50歳だけど、おじさんはスゴイエッチテクを持っている。おじさんていうものを見直してしまいました。なんか私、20歳の家出娘なのに恋愛観までも根本から変わりました。年上の男が好きになりました。

 

おじさんの家のトイレは、和式なので、用を足すときはしゃがまなければならない。おじさんは逆向きに私をしゃがませて、おじさんも腰を落として、真正面から私のおしっこ姿を眺めてる。

 

たまらなく恥ずかしくって、体がうずうずするんです。私って、エッチ。

 

でもね、結局なんのかんの言っても、私も楽しんじゃってるんだなあ。エッチは気持ちいいし、言うことなしって感じ。ヤバイね。

 

しかも、最近はそれにプラス友達まで参加してるのだ。親友の子に、どうしても秘密を打ち明けたくて話したら、うらやましがって、私も紹介してほしい。

 

なんて言うから、連れてってあげたんだ。今、考えると危ないね。あんまり人に教えてるとおじさんの精液が全部なくなってしまうかもしれない。だから、ほどほどにって感じなんだけど、でも、おじさんも新しい子を欲しがるから・・・。

 

これからも、いっぱい楽しませてもらおうっと。
私は今、とっても幸せ。いつまでも、この幸運が続くといいんだけどな。でも、もうすぐ学校も卒業だから女子高生でなくなる。そうなると今のようにはいかないだろうな。残念。

 

そして、以前から計画していたのですが、昨日、家出しました。神待ち家出掲示板

 

でも、時期が最悪です。大雪です。ちょっとしゃれになりません。さっそく家出掲示板で知り合った男に連絡をとりましたが、そのまで行くための電車が動いてないんです。

 

タクシーも捕まりそうにありません。この雪でもう、家に帰ったのかもしれません。最悪です。駅は人込みで足止めを食らっている人も多いのでまだ、救われますが、どうすればいいのか途方に暮れています。心も体も冷え切っているとはまさにこの事ですね。

 

雪が降るのは分かってましたが、前から計画していた家出なので、後戻りできません。

 

もう、朝になるまでじっと待つしかないようです。この分じゃネットカフェも安いホテルも満員でしょうね。探すだけ体力の無駄でしょう。あ〜カイロくらい準備しとくんだったと後悔しても後の祭りです。

 

今頃は、暖かい部屋でオリンピック観戦の予定だったのにいったいどうなる事か・・・。早く朝になるののをひたすら待つだけです。こんな時に限って時間のたつのって遅いんだよね。寝てたらもう朝なのって感じなのに。これは人生最大の試練かもしれません。

 

家出掲示板をのぞいたら同じような家出娘が結構いました。みんな泣きそうになってます。分かる分かる。と励ましあいながらようやく始発の時間が来ました。

 

早く、暖かいお風呂に入りたいよ〜。でも、始発は時間通りに動くのでしょうか?動いても電車に乗れるのでしょうか?もう、人込みをかき分ける力が残ってないのです。

 

早くお家に帰りたいな。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ